テントウムシ

テントウムシは、鮮やかな体色の小型の甲虫である。
和名の由来は枝などの先端に立って行き場がなくなると上に飛び立つ習性なため、それを「お天道様に飛んで行った」と感じ、太陽神の天道からとられ天道虫と呼ばれるようになったとされる(出典: ウィキペディア)。

低気圧の影響のためかなり風の強いだったが、野菜を取りに畑に行くと、揺れる雑草にしがみついているテントウムシを見つけた。
かなりの時間眺めいたが他に飛び立たずにいた。

テントウムシの頑張りに感心した。

《テントウムシ》
DSC_0424 天道虫.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント