プロは流石だ!

我家に隣接する畑はお盆の時期に、草刈りが実施される。
数年前までは、高齢の地主さんが野菜を栽培される等、丁寧に管理されていた。
しかし、お亡くなりになられてからは、草が目立つようになった。

高齢の耕作者の方がお亡くなりになると、田圃や畑は数ヶ月で草に覆われる。
最近では、よく見られる光景である。

先日、シルバー人材センターの方が家族の依頼で草刈りをされていた。
センターの方は、一日で広い畑の草刈りを終えられた。

流石、プロの仕事である。

《隣家の畑》
DSC_0867 プロは違う.JPG

この記事へのコメント