聖(ひじり)神社

聖神社は、埼玉県秩父市黒谷に鎮座する神社である。
慶雲5年(708年)に自然銅が発見され、和銅改元と和同開珎鋳造の契機となった神社である。

「続日本記」には、「708年に武蔵国秩父から日本初の天然の銅塊が発見され、時の元明天皇に献上されたことから、これを祝い年号を和銅と改元した」と記されている。

日本初の貨幣「和同開珎」は中国の「皆が集まって仲良く暮らす国」と言う意味の「天地和同」と言う言葉が由来である。
外側の円は外側の円は「天」をそして内側の四角は「地」をあらわしているそうである。

私も金運アップをしっかりお願いした。

《聖神社》
画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック