朝から芝刈り(?)

梅雨明け、二日目、庭芝刈りをした。 電動式芝刈り機を使用すると、全く動かない。 原因は、歯のサビつきである。 昨年、使用して以来、手入れを怠ったので歯が錆びてしまった。 仕方なく、手作業ですることにした。 「後悔先に立たず」である。 以前にも除草剤の噴霧器の使用後のカラ運転を怠り壊し、買い替えたことがあった。。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小川町七夕

第71回小川町七夕まつりが7月27日(土曜日)・28日(日曜日)に開催された。 小川町七夕は昭和24年に和紙の普及と啓発を願って始められた。 日本の手漉和紙技術は世界無形文化遺産に登録されている。 登録対象は、「細川紙」(小川町、東秩父村)、本美濃紙(岐阜県美濃市)、石州半紙(島根県浜田市)である。 町内には和紙を使った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「荒らされた!畑」

自宅の前畑から、弟が残念そうに帰ってきた。 理由を聞くと、「・・・・ハクビシンに荒らされたようだとのこと」。 数年前から、近隣では、とうもろこしがハクビシンに食べられていた。 しかし、巣の場所によるのか我家のとうもろこしは無事だった。 今年は被害が我家にも及んできた。 来年は何らかの工夫が必要のようだ。 《前畑》…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガイドブック「上武絹の道」

上武絹の道運営協議会が中心となり、上武(群馬県南部と埼玉県北部)の7市町にある世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」等をめぐりながら、地域のグルメやお土産購入を楽しむスタンプラリーが開催されている。 先日、熊谷市のイオンに行った際に、隣接している片倉シルク記念館を見学した。 施設の入口に、ガイドブック「上武絹の道」が置かれていた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アゲハ蝶の幼虫

弟が虫籠を持ってきた。 中にはアゲハ蝶の幼虫の入っていた。 ハゲハ蝶の幼虫は綺麗な緑色をしていた。 最近、弟の家付近には、開発が進み餌となる柔らかい葉が無くなったようだ。 我家の周りには、好物の柚の葉などが豊富にある。 グルメの幼虫には、最適な場所である。 沢山食べて、立派なアゲハ蝶に成長して欲しいものである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏祭り

先日、地域の夏祭りがあった。 境内の神楽殿には、大人神輿と子供神輿が飾られていた。 神楽殿前には、子供達が集まっていた。 何時の時代も、お神輿は子供達に大人気である。 最近は、お神輿を担ぐ人が少なく子供神輿は、昨年は軽トラで運ばれていた。 今年は子供神輿は、子供達が担いでいた。 もちろん、お母さん達も一緒に担いでいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男女間の脳差

先日、駅構内の書店で、「女の機嫌の直し方」(黒川伊保子著、インターナショナル新書)を読んだ。 筆者は,AIと人口知能の研究者である。 本書の中で著者は男女の違いを「脳科学」の観点から解き明かされてる。 そして、男性脳は問題可決のために言葉をつむぎ、女性脳は共感のために言葉をとされている。 男女間の理解の違いは、脳の違いか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エレベーターの七夕飾り

我家の地域は、昔から七夕は8月に行われる。 先日、母の施設に行くとエレベーターの中に、七夕飾り(?)がされていた。 少し、早い七夕飾りである、 施設には毎日、家族など多くの人が訪れる。 短い時間でも、少しの気遣いにより殺風景なエレベーターが、癒しの場に変化する。 施設の皆さんに感謝である。 《エレベーター風景》 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セミの声

通常、夏休みの始まる頃は、自宅周辺はうるさい程のセミの声に包まれる。 しかし、今年は余り、セミの声を聞かない。 毎日、雨模様ではセミ達も元気がでないのだろう。 母の施設からの帰り、道沿いにあるパティオに立寄った。 目当てのユリの花は蕾の状態だった。 しかし、桜の並木からは、夏を感じさせる大きなセミの声が聞こえてきた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沿道のひまわり畑

東松山市からの帰り、沿道にひまわり畑を発見した。 畑の畦道から見学させて貰った。 最近は、ひまわり畑も少なくなった。 採算を取るのが難しいようだ。 予期していない時に、ひまわりの大群を目にすると得した気分になる。 真夏のカンカン照りの下のひまわりも良いが、梅雨時期のひまわりも風情がある。 《梅雨時期のひまわり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年初めのキュウリ

外出から帰ると、自宅の縁側に、キュウリが一本、置いてあった。 弟が草に覆われた畑から、収穫してきたようだ。 今年は、雨の日が多く、野菜の不作が続いている。 6月下旬から畑がぬかっており、あまり畑には入っていない。 野菜は諦め状態である。 今日は珍しく、弟が草の中でキュウリを見つけたようだ。 今年初めてのキュウー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

除草剤パワー

雨が続き、温度が上がる梅雨の時期、雑草にとっては、有難い季節である。 その分、私には嫌な季節でもある。 先日、久振りに太陽が顔を出したので、草退治をしようと考えた。 草か機や草刈り機、除草剤撒布など、方法は色々ある。 しかし、場所や広さな等を考慮し、除草剤の撒布をすることにした。 数日後、自宅から畑を見ると、除草剤効果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵画展

会社員時代の同僚達も、仕事を離れた人が多い。 多くは定年後も元気に楽しく生活している。 しかし、最近、感じることは、特に女性達が元気であることだ。 先日、熊谷市の八木橋デパートで、知人達の主催する「絵画展 」を見学した。 出展者を見ると、多くが女性だった。 知人達は絵画の他にも、プロ並みの趣味を持っている。 女性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビーワールドカップ

熊谷市の八木橋デパートで「ラグビーミュージアム 」が開催されている。 会場では、各国のユニフォームやボールの展示をはじめ、ラグビーグッズの販売が行われている。 また、併せて地元アルカス熊谷の写真展、グッズ販売なども行わている。 ワールドカップ初戦は9月20日の 対 ロシア 戦である。 是非、開催国として一勝をあげてもらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋カード(おりはら橋)

埼玉県では、橋カードが発行されている。 寄居町の おりはら橋の写真をとり、運動公園近くのアグリン館に立ち寄った際に、橋カードを頂いた。 一般的な 橋カードの入手方法は、「①該当の橋の写真を撮影する。②秩父地域・深谷市・寄居町で、買い物・サービス等のレシートを受け取る。)③指定の配布施設に行き、写真を見せて、②のレシートを提示する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アグリン館

寄居町にあるアグリン館は地域農業の活性化を図り、農業の6次産業化への取組みを支援するため、平成25年4月に開設された。 そのため、役場の農林課が管理しているようだ。 施設には、農産物の加工室やカフェやアンテナショップが併設されている。 隣にある運動公園を訪れた際に、アグリン館に併設されているカフェでケーキセットを注文した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慰霊碑

先日訪れた寄居町の荒川にある玉淀ダムは、防災に加え、水力発電や農業用の取水ダムとしての役割を担っている。 埼玉県が昭和39年に建設し、現在は東京発電(株)が事業を引き継ぎ、管理を行っている。 この時期、下流域の田圃の稲や畑の野菜は、順調に成長している。 玉淀ダムは地域流域の防災や農業に大きな役割を果たしている。 ダムの管…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残間里江子氏の新書

「もう一度 花咲かせよう 「定年後」を楽しく生きるために』(中公新書ラクレ)」を読んだ。 著者は雑誌「Free」(平凡社刊)の編集長、山口百恵著「蒼い時」の総合プロデューサーをした人物である。 2009年に「新しい大人文化の創造」を掲げ、「クラブ・ウィルビー」を設立され、団塊の世代向けに、様々な情報を発信されている。 著書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本一の木製水車

県立川の博物館の水車の建て替え工事がほぼ終了した。 2015年に稼働を停止して以来、工事が行われていた。 完成した水車は木製としては日本一(直径24.2m)だそうである。 完成記念式典が終了後、4年ぶりに回転が始まるようだ。 夏休みには大勢の子供達がが訪れることだろう。 《水車》
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダム湖のゴミ

寄居町末野地区を流れる荒川に玉淀ダムがある。 先日、近く行った際に、ダム湖を見物した。 何時もは下流からダムを見上げる位置で、放出状況を眺めている。 今回はダムサイトから、ダム湖を見物した。 すると、沢山の流木やゴミが浮かんでいた。 偶然、通りかかった担当者に聞いたところ、最近、流木などを取り除いたばかりとのこと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国道140号線の百日紅

関越道花園インターに接続している国道140号線沿いに、百日紅の並木が植えられている。 毎年、一地番先に咲いてくれる百日紅が咲き始めた。 数年前、母の施設に行く際に、亡き父が気がついた。 以来、必ず、最初に咲いている。 これから、他の百日紅も咲き始めることだろう。 運転の疲れを癒してくれる百日紅に感謝である。 《…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行人橋

7月7日、埼玉県深谷市の七夕祭りを見学した。 露天商の周りの子供達の賑やかな声には元気を貰えた。 ちょうど、七夕飾りの終わりの辺りに、歴史を感じさせる行人橋があった。 昔、木橋が主流だった江戸時代には珍しい石橋だった。 当時はこからが、宿場の始まりだったようだ。 明治31年頃、最新建材である煉瓦を使って建設されている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスモス

散歩道脇の路地のコスモスが一輪咲いていた。 最近は通年で、コスモスを見ることができる。 しかし、コスモスは快晴の秋空が似合うようだ。 近隣自治体ののコスモス祭りも10月頃が多い。 しかし、梅雨のコスモスは、梅雨の終わりを告げてくれるようで頼もしい。 そろそろ、梅雨明けして欲しいものである。 《自宅近くの路地コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たな気づき

トマトを採るため、自宅前の畑に行った。 草むしりから数日しか経たないのに、畑に続く通路周辺は、草に覆われていた。 雨の日が続いたので、水の流れた跡がはっきり残っていた。 今まで、気に止めなかったが、改めて畑から自宅方向を眺めると、大きな段差があるのに気がついた。 普段、ボーット生きている証拠である。 水が自宅の庭が洪水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再度の砂利敷

また、今日も雨模様である。 最近、地元建材屋さんから砂利を購入し庭に敷いたばかりである。 しかし、ここ数日の雨続きにより、庭にも水が浸透せず、水溜りが出来ている。 困ったことである。 そこで、より広範囲に砂利を敷くことにした。 また、砂利敷き作業が必要となる。 《購入した砂利》
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盆供(ボンク)

早いもので、盆供の時期になった。 今年は小雨の中の盆供である。 午前8時頃、お寺に行くと受付には数人の檀家の人がいた。 相変わらす、世話人さんが忙しいそうにされている。 来年は役員の順番がくる。 父が役員をやってから、10年経過した。 10軒の隣組では、我家も含め5軒で葬儀があった。 また、菩提寺のご住職も旅立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者講習

連日、高齢者による交通事故が報道されている。 満70歳以上のドライバーには運転免許証の更新申請前に高齢者講習の受講等が義務付けられている。 10月が誕生日のため、講習の受講が必要となった。 講習は、有効期間満了日の6か月前から受講できる。 先日、近くの自動車学校で講習を受けた。 講習は実技講習とビデオ講習であり、時間は約2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「きくち体操」

「きくち体操」の指導者・ 菊池和子さんが、 6月29日(土)TBS放送の「サワコの朝」に出演された。 菊池さんは 「筋肉は、鍛えるものじゃなく育てていくもの」、「動かさないところから弱っていく」とされ、トレーニングのような体操ではなく、体の仕組みを理解し、頭で意識しながら体を動かすことの大切さを提唱されていた。 番組では、正しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋沢栄一記念館

渋沢栄一記念館は、埼玉k県深谷市に所在する渋沢栄一に関する記念館である。 生家(血洗島)から東に500mほどの清水川のほとりにあり、渋沢栄一に関する展示を行っている。 2017年(平成29年)9月21日には上皇皇后両陛下が私的な行幸啓をされた。 政府によると、2024年度の上半期から、1万円札の肖像画が福沢諭吉から実業家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more